電力FAQ

電力小売自由化
  • 小売電気事業者とは何ですか?
    2016年4月の電力小売りの全面自由化以降、すべての消費者に電気を販売できる電力会社(東京電力等)以外の企業のことを指します。
    経済産業省では、小売電気事業者の登録に際して改正電気事業法に基づき、経済産業省の電力取引監視等委員会に対して意見聴取を行うこととされている。小売電気事業者に対しては供給力確保義務、契約締結前の説明義務、契約締結時の書面交付義務、苦情処理義務等の義務を課しており、登録申請時の書類で、これらの体制について確認・審査。その上で、経済産業大臣の登録を受けた小売電気事業者は、一般家庭を含めた全消費者に電気の販売を行えるようになります。
電気供給
  • なぜ電気料金が安くなるのですか?
    最新の発電所から安価な電気を調達しているほか、システム化や営業の効率化によりコストを大幅に抑えることで低価格で安定した電力供給を実現しております。
  • 電気の品質が落ちて弱くなったりするのですか?
    今までの電気と同様、何も変わりありません。今までと同じ送配電網を使用して電気をお届けしますので、新電力会社が原因で消費者様の御宅だけ停電することはありえません。(計画停電・震災などの場合、他の電力会社でも地域一斉に停電します。)
  • 電気が供給されなくなることはありませんか?
    小売電気事業者が倒産するなど、万が一電気の供給ができなくなった場合は、一般送配電事業者(東京電力等)との最終保障約款により、お客様には継続的に地域の電力会社から再び電気が供給されますのでご安心ください。
契約・申込
  • 契約手続き(申込)はどのようにすればよいですか?
    事業者様が契約主体となれる取次モデルの場合、お客様と事業者様との間で契約を締結していただければ問題ありません。一般送配電事業者からの契約の切り替え業務は小売電気事業者に伝達のうえ実施します。
  • 電気料金の支払いは誰にすればよいですか?
    取次モデルの場合、これまでの電力会社でも小売電気事業者でもなく、契約を交わした事業者様に直接お支払いただけます。
    他の商材とのセット契約等をしている場合は、一括でお支払いただくことも可能です。
問い合わせ
  • 停電が起きたときの窓口や対応はどこに問い合わせればよいでしょうか?
    停電時の受付窓口及び対応などに関しては送配電事業者の役割となります。また、小売電気事業者でも地域停電などの情報はホームページなどで公表しお客様に周知していく予定です。

PAGE TOP