イーネットワークシステムズのロゴマーク

menu

電源調達調整費

電源調達調整費について


2023年4月分~2024年7月分における電源調達調整単価一覧(低圧)はこちら

2023年4月分~2024年7月分における電源調達調整単価一覧(高圧)はこちら

当社の電源調達にかかる費用を電気料金に適切に反映する仕組みになります。
地域の電力会社において、火力燃料(原油、LNG、石炭)等の価格変動を電気料金に反映させる燃料費調整額に相当するものです。電源調達調整費は燃料費調整額同様に毎月変動いたします。
各供給区域エリアや料金メニューごとに設定する基準単価をもとに、お客さまの電気料金に適切に反映(加算・減算)いたします。

電源調達調整費の構成

電源調達調整費の算出方法について



 電源調達調整費 = (A)卸電力取引市場調達単価 + (B)固定電源調達単価 + (C)調整項  − (D)基準単価 

電源調達調整費:毎月見直しを実施し、当該月の前月末までに当社ホームページに掲載いたします。
(A) 卸電力取引市場調達単価:当月の3ヶ月前の月の15日を起算日としたその前3ヶ月(※1)において、当社が一般社団法人日本卸電力取引所のスポット市場および時間前市場で調達した電力1キロワット時当たりの、約定量および約定価格から算定される加重平均単価に、当社の卸電力取引市場調達比率を乗じて算定し、損失率(※2)にて補正した消費税等相当額を含めた単価。
(B) 固定電源調達単価:当社が発電事業者、ベースロード市場等から電力を調達する場合に生じる費用であって、発電事業者、ベースロード市場等の調達方法ごとに、当月の3ヶ月前における電力1キロワット時当たりの平均調達単価に、当該調達方法に係る当月の3ヶ月前における当社の固定電源調達比率を乗じて算定し、損失率(※2)にて補正した消費税等相当額を含めた単価。
(C) 調整項(調整単価):電力自由化の制度上かかる経費を指し、インバランス料金や離島ユニバーサル調整額、電源調達調整費の調整、容量拠出金等が対象。今後、改定の必要が生じた場合は、請求する当該月の前月末までに電源調達調整単価の公表と併せてその旨を告知いたします。
(D) 基準単価:当社が供給区域エリアや料金メニューごとに電源調達の基準として定めるもので、電源調達調整単価費の加減算の基準となる単価(消費税等相当額を含む)。
※1. 4月分の場合、10/16~1/15のエリアプライスの当社需給加重平均値。
※2. 各供給区域の一般送配電事業者が託送約款等で定める送電ロスによる損失率。




電源調達調整費の算定期間について 電源調達調整費の価格反映について